キーワードの検索順位を調べる2つの方法と効率化【超初心者向け】

WRITERこの記事を書いた人

元家電メーカーのエンジニア。

超初心者の方のために、ブログを構築する方法~収益化するまでの情報を発信しています。

詳しいプロフィールを見てくれる方はこちらをクリック

ブログを上位表示させるためにSEOについて調べるとよくキーワードの検索順位が上がった、下がったとかって話が出てきますよね。

先日のGoogleが行った検索順位に影響を及ぼすアップデートの際にもよく話題になっていました。

【要確認】医療、健康系の検索結果の改善を意図するアップデートと2つの分かった事

2017.12.07

そんな事もあり、キーワードの検索順位が重要なのは知ってる人は多いと思います。そこで今回はキーワードの検索順位を調べる2つの方法と効率化について記事を書いていきます。

あなたがキーワードの検索順位の調べ方が分からない場合や効率化をしたい場合はこちらの記事を読み進めてもらえたらと思います。

 

なぜキーワードの検索順位を調べないといけないのか?

 

キーワードの検索順位を調べる事で自分のブログ記事が読者の方にとって十分な内容(高品質)なのか、不十分な内容(低品質)なのかを判断する指標になるからです。

 

Googleは2017年2月3日に高品質なコンテンツ(記事等)を検索結果の上位に表示させる事を発表しています。

Googleの2017年2月3日の発表を見るにはこちらをクリックする。

 

検索結果の上位に自分のブログ記事を表示させないと読んでもらう事は出来ません。

この事はGoogleの発表も踏まえると、沢山の読者の方に見てもらうため(アクセスを集めるため)には高品質なコンテンツ(記事等)を作成する必要があるという事を意味します。

高品質なコンテンツであるかどうかを判断するためには、実際に読んでくれた読者の方に聞くのが一番の方法ですがそんな事は現実的に不可能です。

そこでキーワードの検索順位を調べて自分のブログが読者の方にとって十分な内容なのか、不十分な内容なのかを調べるという判断方法を取ります。

 

SEOチェキ!を使ってキーワードの検索順位を調べる方法

一番簡単かつ、有名な方法としてはSEOチェキというWEBサービスを使う方法があります。

ここではSEOチェキ!を使ってキーワードの検索順位を調べる方法について図解で解説していきます。

 

まず、SEOチェキ!にアクセスしてください。

SEOチェキ!にアクセスするにはこちらをクリックする。

 

自分のブログのURLをURLの部分に入力(コピペ)します。

チェックをクリックします。

SEOチェキでキーワードの検索順位を調べる方法の説明画像1

 

調べたいキーワードを入力して、チェックをクリックします。

SEOチェキでキーワードの検索順位を調べる方法の説明画像2

 

結果が表示される事を確認します。

SEOチェキでキーワードの検索順位を調べる方法の説明画像3

 

この結果から「元エンジニア ブログ」というキーワードでは、Googleの検索順位は17番目に表示されている事が分かります。

Yahooの検索順位は表示されてはいませんが、Googleの検索エンジンを使用しているので数位の差は出る事がありますがほぼ同じ結果になります。

また、「WordPress プラグイン」というキーワードでは、Googleの検索順位は圏外と表示されています。圏外の場合は100位以下を意味しています。

調査するのは100位までです。100位までに入っていない場合は「圏外」と表示されます。
引用:「SEOチェキ!」で調べられること

 

SEOチェキで毎日調べるキーワードはGRCに登録していく。

キーワードの検索順位を調べる方法を覚えると毎日のように調べるキーワードが自然と出てきます。

SEOチェキを使って検索順位を調べてエクセル等に入力する事で、毎日の検索順位の変動を調べる事が出来ますが手間が増えてしまい非効率です。

そこで毎日調べるようなキーワードに関してはGRCというツールを使っていきます。

 

GRCの導入方法

ここではGRCの導入方法について図解で解説していきます。

 

まず、GRCをダウンロードするためにSEOツールラボさんのサイトにアクセスします。

SEOツールラボさんのサイトにアクセスするにはこちらをクリックする。

 

サイドバーにあるダウンロードをクリックします。

GRCの導入方法の説明画像1

 

検索順位チェックツールGRCをクリックします。

GRCの導入方法の説明画像2

 

ダウンロード/更新履歴をクリックします。

GRCの導入方法の説明画像3

 

最新版GRCのダウンロード(セットアッププログラム GRCsetup.exe 1.6MB)をクリックします。

GRCの導入方法の説明画像4

 

GRCsetup.exeがダウンロード出来たらダブルクリックします。

GRCの導入方法の説明画像5

 

※ユーザーアカウント制御が出てきたらはいをクリックします。(出る場合と出ない場合があります。)

 

GRCのセットアップ画面が立ち上がるので、次へをクリックします。

GRCの導入方法の説明画像6

 

次へをクリックします。

GRCの導入方法の説明画像7

 

完了をクリックします。

GRCの導入方法の説明画像8

 

GRCを使ってキーワードの検索順位を調べる方法

次にGRCを使ってキーワードの検索順位を調べる方法について図解で解説していきます。

デスクトップのGRCをダブルクリックして立ち上げます。

GRCの基本的な使い方の説明画像1

 

Yahooは30位まで、Googleは100位まで、Bingは40位まで表示される事の表示が出るのでOKをクリックします。

GRCの基本的な使い方の説明画像2

 

まず検索順位を調べたいキーワードを登録していくために、編集をクリックします。

その後に項目追加をクリックします。

GRCの基本的な使い方の説明画像3

 

 

サイト名に自分のブログ名を入力します。(分かれば別の名前でも問題ありません。)

サイトURLに自分のブログのURLを入力します。

検索したいキーワードを入力します。単語と単語にはスペースを入れるのと、複数のキーワードで検索したい場合は開業を入れてください。

ここまで入力が終わったらOKをクリックします。

GRCの基本的な使い方の説明画像4

 

実行をクリックして、順位チェック実行をクリックします。ちなみにF5キーを1回押すのでも同じ動作をします。

GRCの基本的な使い方の説明画像5

 

キーワードの検索順位の調査が始まるので少し待ちます。

GRCの基本的な使い方の説明画像6

 

キーワードの検索順位が表示される事を確認します。この場合、Googleは28位でYahooは25位という事になります。若干、SEOチェキと結果が変わるようです。

GRCの基本的な使い方の説明画像7

 

 

GRCで覚えておくべき設定

ここではGRCで覚えておくべき設定について図解で解説していきます。

 

キーワードの追加

キーワードの追加を行うにはキーワードがある行を右クリックして、項目複製追加をクリックします。

GRCで検索キーワードを追加する方法の説明画像1

 

元々入力されているキーワードを消して、追加したいキーワードを入力してOKをクリックします。

GRCで検索キーワードを追加する方法の説明画像2

 

キーワードが追加される事を確認します。

GRCで検索キーワードを追加する方法の説明画像3

 

キーワードの削除

キーワードの削除を行うには削除したいキーワードを右クリックして、項目削除をクリックします。

GRCで検索キーワードを削除する方法の説明画像1

 

本当に消して大丈夫か確認の画面が出るのではいをクリックします。

GRCで検索キーワードを削除する方法の説明画像2

 

キーワードが消えた事を確認してOKをクリックします。

GRCで検索キーワードを削除する方法の説明画像3

 

自動チェック

GRCは起動時もしくは、指定時刻に自動チェックを行うように設定する事が出来ます。

パソコンの電源をいつも落とす方は起動時、パソコンの電源をいつも付けたままの方は指定時刻に自動チェックを入れておく事をオススメします。

 

起動時に自動チェックを行いたい場合

実行をクリックします。

GRCの起動時の自動チェックの設定方法の説明画像1

 

起動時に順位チェックを実行をクリックします。

起動時に順位チェック実行の設定画面が出るので、GRC起動時に順位チェックを開始するにチェック入れてOKをクリックします。

GRCの起動時の自動チェックの設定方法の説明画像2

 

 

指定時刻に自動チェックを入れたい場合

実行をクリックします。

指定時刻に順位チェック実行をクリックします。

GRCの指定時刻での自動チェックの設定方法の説明画像1

指定時刻に順位チェックを開始するにチェックを入れて、順位チェックを行いたい時間を入力しOKをクリックします。(※ここでは例として12時に行うようにしています。)

GRCの指定時刻での自動チェックの設定方法の説明画像2

 

順位チェック範囲の変更

GRCの初期設定でGoogleは上限の100位までとなっていますが、Yahooは30位まで、Bingは40位までとなっています。検索順位の調査にかかる時間が増えますが変更する事が出来ます。

 

Yahooを変更したい場合

検索設定をクリックします。

順位チェック範囲をクリックします。

(Yahoo)の所にある50位までをクリックします。(※ここでは例として50位までにしています。)

GRCの順位チェックの範囲を変更する方法の説明画像1

 

50位までに変更された事を確認してOKをクリックします。

GRCの順位チェックの範囲を変更する方法の説明画像2

 

 

Bingを変更したい場合

同様に検索設定をクリックします。

順位チェック範囲をクリックします。

(Bing)の所にある100位までをクリックします。(※ここでは例として100位までにしています。)

GRCの順位チェックの範囲を変更する方法の説明画像3

 

100位までに変更された事を確認してOKをクリックします。

GRCの順位チェックの範囲を変更する方法の説明画像4

 

競合チェック(検索結果の100位までに表示されているサイトの順位を追跡)

GRCには検索結果の100位までに表示されているサイトの順位を追跡する競合チェックの機能があります。

競合チェックを行う事でGoogleが行った検索順位に影響を及ぼすアップデートがあったか場合にいち早く気付く事が出来るようになるので使う事をオススメします。

 

競合チェックを行うにはまず競合チェックを行いたいキーワードがある行をクリックします。

編集をクリックします。

調査項目の追加をクリックします。

上位100追跡項目をクリックします。

GRCの競合チェックの使い方の説明画像1

 

競合チェックを行いたいキーワードで上位100追跡の行が追加された事を確認します。

実行をクリックします。

順位チェック実行をクリックします。

GRCの競合チェックの使い方の説明画像2

 

競合チェックを行いたいキーワードのステータスがチェック済みである事を確認して右クリックします。

上位100追跡 詳細グラフをクリックします。

GRCの競合チェックの使い方の説明画像3

 

検索結果の100位までに表示されているサイトが一覧で表示されている事を確認します。

GRCの競合チェックの使い方の説明画像4

 

GRCのみを紹介しなかった理由

勘の良い方ならSEOチェキ使わないで最初からGRCだけ使えば良いのではと感じるはずです。

GRCを使った方が効率が良いし、検索順位もSEOチェキより詳しい結果を得る事が出来るからです。

GRCのみを紹介しなかったのは、残念ながら利用制限があるからです。

 

GRCの無料版の利用制限

登録出来るサイト数:3サイトまで
登録出来るキーワード数:10件まで
競合チェック:2件

 

登録出来るキーワード数が少ないのが惜しいですね。趣味程度であれば足りる数字ではありますが、本気でブログ運営するつもりなら物足りない数です。

本気でブログ運営するつもりなら投資先の候補に入れておきましょう。

ライセンスプランの一覧は画像の通りです。

 

GRCの有料プランまとめ

詳細が気になる方は下記リンクからご確認ください。

GRCのライセンスについての詳細を見るにはこちらをクリックする。

 

まとめ

お疲れ様でした。

ブログ運営を続けていく上でキーワードの検索順位を調べる事は必ず必要となってきます。ブログを運営を始めてある程度記事数が溜まってきたら、自分のブログがどんなキーワードで検索上位にあがっているか必ず調べておきましょう。

また別の記事でお会い出来たら嬉しいです!(^^)/


WordPressブログの構築マニュアル

誰でもWordPressでブログを構築出来るようにマニュアルを作りました。

あなたがWordPressでブログを始めたいなら↓のボタンをクリックして確認するようにしてください。




ブロガーのためのWPテーマ「STORK」

WordPress初心者でも綺麗なサイトが作れる!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください