Fetch as Googleを使ってブログ記事を検索結果に早く表示させる方法【初心者向け】

fetch as googleで検索エンジンに再クロール依頼をかける説明記事のサムネイル画像

WRITERこの記事を書いた人

元家電メーカーのエンジニア。

超初心者の方のために、ブログを構築する方法~収益化するまでの情報を発信しています。

詳しいプロフィールを見てくれる方はこちらをクリック

ブログ記事を書いても検索結果に表示されるまで時間がかかる事ありますよね。

そんな時、「Fetch as Google」を使って再クロールを依頼する(クローラーに自分のブログに来てもらうようにお願いする)と、早く検索結果にブログ記事が表示されるようになります。

あなたがブログ記事を早く検索結果に表示させたい場合は記事を読み進めてくださいね。(^^)

 

Fetch as Googleで再クロールを依頼しないと検索結果に表示されるまで早い時で2~3日、遅い時は2週間かかる。

インデックスされていなくて困っているイメージ画像

 

ブログ記事が検索結果に表示されるまで何日と決まってはいませんが、僕の経験上、早い時で2~3日、遅い時は2週間掛かった時もありました。

検索エンジンから早くアクセスを呼び込むためにも、「Fetch as Google」を使っての再クロール依頼は必ずやっておく事をオススメします。

 

Google Seach Consoleに登録をしていない場合は先に登録しよう。

「Fetch as Google」はGoogle Seach Console(旧:ウェブマスターツール)に含まれている機能です。

使うためにはGoogle Seach Consoleに登録が必要なので、まだ登録していない場合は↓の記事を見ながら登録を始めてください。

【完全図解】Google Search Console(ウェブマスターツール)の登録方法

2017.11.02

 

【図解】Fetch as Googleでグーグルに再クロールを依頼する方法

Google Seach Consoleにアクセスして、自分のブログのURLをクリックする。

※常時SSL化させている場合は、「https」の方を選び、常時SSL化させていない方は「http」の方を選んでください。

fetch as gogleで再クロールを依頼する方法の説明画像1

 

クロール、Fetch as Googleの順にクリックする。

fetch as gogleで再クロールを依頼する方法の説明画像2

 

URLの右側にある取得をクリックします。

fetch as gogleで再クロールを依頼する方法の説明画像3

 

インデックス登録をリクエストをクリックします。

fetch as gogleで再クロールを依頼する方法の説明画像4

 

私はロボットではありませんにチェックを入れます。

URLと直接リンクをクロールにチェックを入れます。

送信をクリックします。

fetch as gogleで再クロールを依頼する方法の説明画像5

 

インデックス登録をリクエストの部分が「URLとリンクページのインデックス登録をリクエスト済」に変わる事を確認します。

fetch as gogleで再クロールを依頼する方法の説明画像6

 

 

記事を更新している場合は3~4日毎にFetch as Googleを使って再クロールを依頼しよう。

Fetch as googleの頻度について問いかけているイメージ画像

Fetch as Googleはどのくらいの頻度で行えば良いのって思いますよね。

Fetch as Googleを使ってグーグルに再クロールを依頼できる回数は特定のリンクだけだと月500回、ブログ全体だと月10回と決まっています。

記事を更新している場合は、3~4日ごとにFetch as Googleを使って再クロールを依頼すると月9~10回になるのでオススメします。

特にブログを始めたての頃はクローラーが中々自分のブログに来てくれないのでやっておきましょう。

 

まとめ

お疲れ様でした!

Fetch as Googleを使って再クロールを依頼するのは、慣れてくると1分でサクッと出来るようになります。

せっかく一生懸命書いたブログ記事を出来る限り早く検索結果に載せるためにもFetch as Gooogleを使って再クロールは必ずやっておきましょう。

また別の記事でお会い出来たら嬉しいです!(^^)/


WordPressブログの構築マニュアル

誰でもWordPressでブログを構築出来るようにマニュアルを作りました。

あなたがWordPressでブログを始めたいなら↓のボタンをクリックして確認するようにしてください。




ブロガーのためのWPテーマ「STORK」

WordPress初心者でも綺麗なサイトが作れる!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください